手入れで効果を持続させる|玉砂利は防犯対策に最適|業者に依頼すると防犯性が高いものを選べる
ウーマン

玉砂利は防犯対策に最適|業者に依頼すると防犯性が高いものを選べる

手入れで効果を持続させる

防犯

玉砂利は地面に固定されていないからこそ歩いたときに音が鳴り、防犯効果を得ることができます。しかし、固定されていないということは風などで少しずつ減ってしまうということでもあります。特に防犯砂利の場合は軽いという特徴があるため動きやすく、そのままの状態では量が少なくなり十分な防犯効果が得られなくなります。玉砂利の効果を持続させるために、定期的に補充を行ないましょう。玉砂利の量が減ってしまうと防犯効果が低くなるということの他に、ガタガタとして歩きにくくなることや、地面がむき出しになり雑草が生えやすくなるという問題があります。もしも防草シートを敷いていた場合でも、上に玉砂利が敷かれていない状態の防草シートは日光に弱いため破れて雑草が生えてしまうことが多いです。業者に依頼して定期的なメンテナンスを行ってもらいましょう。
玉砂利の量が少なくなった場合の他にもメンテナンスが必要なことがあります。それは防草シートの劣化です。防草シートの上に玉砂利が敷かれている場合、シートの寿命は長くなりますが、それでも長年使用しているとぼろぼろになってしまいます。寿命がきた防草シートは交換する必要がありますが、そのためには砂利を全て敷き直さないといけません。既に敷かれている砂利を取り除き再び敷き詰めるというのは大変な作業ですが、業者では敷き直しのサービスも行っています。こまめに補充を依頼し、防草シートの寿命に合わせて敷き直しをすることで防犯効果を持続することができます。